日焼け対策は海外でも必要?旅行におすすめなグッズはこちら!日本より紫外線が強いの?

海外でも日焼け対策!旅行中におすすめなグッズはこれだ!!日本より紫外線が強いってホント?

美白命えみ
海外と日本ってどっちが紫外線が強いのでしょうか?

 

  • 海外(南国)で日焼け対策できるグッズは何?
  • 海外の紫外線はどのくらい?

 

小麦肌なな
やはり赤道付近になると紫外線の量は日本よりも多いですよね。

 

当サイトでは、海外を旅行中の方の日焼け対策についての知識をお届けしています。

 

ぜひ最後まで読んで海外で日焼けしないようにしてくださいね☆

 

海外は日本より紫外線が強いってホント?

美白命えみ
海外と言っても、どこを旅行するのかで紫外線の量は全然違うんですよね。

 

例えば、世界で1番紫外線量が多いと言われている国はオーストラリアで、日本の5倍の皮膚ガン発症率だとされています。

 

またオーストラリアの夏は日本とは真逆の11〜2月で、AM10:00〜PM3:00がピークとなり、季節が全然違うので行く時期も考えなければなりません。

 

環境省が公開しているNASAの世界の後半紫外線量の図をご覧いただきましょう。

 

◇世界の紅斑紫外線量の違い

海外でも日焼け対策!旅行中におすすめなグッズはこれだ!!日本より紫外線が強いってホント?

(出典)NASA ウェブサイトより引用(http://toms.gsfc.nasa.gov/index_v8.html)

小麦肌なな
日本は九州〜四国以南でやっと色が変わっている地域ですね。

 

日本の紅斑紫外線量は、世界的に見るとまだまだ低いということがお分かりいただけるかと思います。

 

美白命えみ
こう見ると、日本は本当に暮らしやすい気候なんだなと思いますね。

 

紅斑紫外線とはUVBやUVAの人体への影響度をかけて合計した紫外線量のことを言います。

 

近年では地球温暖化の影響で日本でも紫外線が強くなっている傾向にありますが、南方地域に旅行するときはその比ではありません。

 

海外と日本の日焼け止め,どっちがいいの?

美白命えみ
熱帯地域に行けば、その地域にあった日焼け止めを現地で手に入れればいいのではないでしょうか?。

 

確かに、熱い地域ではその土地に合った強力な日焼け止めが売られているのでは?と思いますよね。

 

しかし、先に上げた世界第1位の紫外線が降り注ぐオーストラリアで売られているのはSPF15〜30の日焼け止めが主流です。

 

なぜかというと、気温が高く汗をかいたりするオーストラリアではSPF50を使用するよりも、2時間おきにSPF30の日焼け止めクリームを塗り直した方が効果があると考えられているからです。

 

また日本でSPF50の日焼け止めに必ずと言っていいほど使用されている紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤(酸化チタン,酸化亜鉛)が主成分のものがほとんど。

 

小麦肌なな
紫外線散乱剤は肌に負担がかかりにくいですが、ベタついたり、肌が白くなったりすることはやむを得ません

 

◇日本人の美白意識は世界一高い

海外でも日焼け対策!旅行中におすすめなグッズはこれだ!!日本より紫外線が強いってホント?

美白命えみ
日本では色白ブーム!

絶対に焼けたくない!という女性ばかりですよ。

 

対してスペインやフランス・イタリアなど白人圏では小麦色の肌は健康的に見えるとして好まれます。

もともと色素の薄い人は肌が弱いことも多く、美容目的よりも健康目的で日焼け止めを塗るようです。

 

小麦肌なな
韓国〜日本の美容や美白の意識の高さは世界一だと言っても過言ではありません。

日焼け止めもおおよそ日本製か韓国製のものが優秀と考えていいでしょう。

 

海外の日焼け対策で気をつけるべきこと

美白命えみ
日本の美白意識が世界トップクラスに高い。ということは、日本での日焼け対策をそのまま海外でしていいということになりますよね?

 

日焼け止めクリームに関しては日本製のものを使用して問題ないと考えていますが、やはり日照時間や紫外線の強さは国ごとに違うので、日焼け止めクリーム以外の対策をする必要があると思います。

 

小麦肌なな
では地域別に日本と海外の日焼け対策の違いを見てみましょう!

 

◇EU〜ロシアなど北側の地域の日焼け対策

日本の北海道札幌市の年間日照時間は約1774時間ですが、ドイツのフランクフルトの年間日照時間は約1740時間で、地域によっては日本よりも紫外線量が少ないところもあります。

 

美白命えみ
北欧などはもっと少ないでしょうね!

 

旅行中などの短い期間であれば心配ないと思いますが、もし長期滞在や転居をする場合には、日本でいる時ほど日焼け対策をしないということが大切です。

 

小麦肌なな
これには太陽光によって生成されるビタミンDが関係します!

 

カルシウムの吸収に必要なビタミンDですが、冬季の日照時間が短い欧州で日本と同じような日焼け対策をすると、ビタミンD欠乏になることがあるのです。

 

手のひらに数分日光を当てるだけでも、ビタミンDの解消になリます

 

◇南米〜インド〜アフリカ〜オセアニア地域の日焼け対策

海外でも日焼け対策!旅行中におすすめなグッズはこれだ!!日本より紫外線が強いってホント?

美白命えみ
日本よりも明らかに紫外線が強くて日照時間も長い地域ですね!

 

これらの地域は明らかに太陽が燦々と降り注いでお肌に当たると痛そうです。

 

もはや日焼け止めクリームのみに頼るのではなく、衣類やUVカットアイテムで肌に直射日光が当たらないような工夫が必要です。

オーストラリアでは政府がサングラスや長袖、帽子の着用を推奨しているほど。

 

また、もし山登りなどをする場合は注意してください。

高度が1000m上がるとUVインデックス(紫外爆報年の肌への影響)は10%増えると言われているので、しっかりと防御しましょう。

 

小麦肌なな
マリンスポーツをする際にも、衣類で肌を守ってくださいね!

 

日焼け対策ファッション!海でも絶対に焼かないおすすめアイテムはこれ!

 

海外を旅行中の日焼け対策おすすめグッズはこれ!

旅行中には

  1. できるだけコンパクト
  2. 空港の検問に引っかからない
  3. 使い回しができる
  4. かさばらない

このようなアイテムが重宝されると思います。

 

それでは、日焼け対策ができて海外を旅行中でもかさばらないアイテムをご紹介しましょう。

 

◇日焼け止めクリーム

PONさん(@pon_megane_)がシェアした投稿


美白命えみ
ジェルやクリームタイプの日焼け止めって、国際線で持ち込むことは可能ですか?

 

もちろんジェルやクリームタイプの日焼け止めを国際線の便で飛行機に持ち込むことはできます。

しかし、量的制限が設けられており、1個当たり100ml=100gまで。

 

それを超えた場合はスーツケースの中に入れて預けることで海外にも持っていけます。

 

【最新】顔用日焼け止めランキングで本当に焼けないのはどれ!?

 

◇日焼け止めスプレー

YUZUMI CHIBAさん(@yzmcba)がシェアした投稿


小麦肌なな
日焼け止めスプレーも、液体物と同じ扱いを受けます。!

 

機内持ち込み・お預けともに可能ですが、航空会社によって量的制限が異なるため確認しておきましょう。

0.5L〜2Lと幅があります。

 

スプレー缶は使用用途や成分によっては持ち込めない場合があり全日空ANAでは「火気と高温に注意」表記のものは機内に持ち込めません。

 

預け荷物の中(スーツケース)に入れておくことで、量的制限を超えていても海外へも持ち運べるようになります。

 

スプレータイプの日焼け止めは便利!おすすめランキングベスト10

 

◇飲む日焼け止め

sayaさん(@saya_gram)がシェアした投稿

◡̈❁ayn◡̈❁さん(@ayn.o7s)がシェアした投稿


飲む日焼け止めは、体の内側から紫外線に対する免疫力を上げるイメージで服用しましょう。

旅行に行く前の2週間〜数ヶ月前から飲み始めることで海外旅行中にも日焼けを最小限に抑えられるでしょう。

 

肌の紫外線ケアなら今話題の飲む日焼け止め!口コミをステマなく完全公開!!

 

◇折りたためる帽子

帽子は頭皮を保護したり目からの紫外線の吸収を防いでくれます。

 

美白命えみ
ただし、ずっと被っていると頭が蒸れます・・・・。

 

通気性が良く、形くずれの心配のないデザインを選ぶことで手荷物やリュックサックの中に素早くしまうことができます。

 

◇サングラス&UVカット眼鏡

bondEYEWEAR/bondPICKさん(@bondeyewear)がシェアした投稿

Aiさん(@a1124i)がシェアした投稿

海外に行くと日本人よりも多くの方がサングラスをかけて目を守っています。

 

これは、青い瞳など色素が薄い人種の方はメラニン色素が少ないので紫外線に極端に弱いためです。

 

小麦肌なな
しかし日本人でも目からの紫外線で肌は日焼けをするので、サングラスは必須アイテム!

 

紫外線で目が痛い!目の紫外線対策もちゃんとやっておいた方がいいわけとは?

 

◇折りたたみ日傘

アンジェ web shopさん(@angers_web)がシェアした投稿

@latter84がシェアした投稿

日傘はとても強力な日焼け対策の味方ですが、欠点があるとすれば持ち運びに不便。という点でしょうか。

 

美白命えみ
電車や交通機関の中に置き忘れてしまいそうですよね。

 

そんな時は、リュックの中にしまえる折りたたみ式の日傘をお勧めします。

 

◇UV加工の長袖

Hanaさん(@hana.7jo)がシェアした投稿

こちらはユニクロのパープルのUVカットクルーネックカーディガンですが、やはり便利で海外の旅行中にも脱ぎ着がしやすくお勧めです。

 

できるだけ肌の露出を控えたいけど、暑くて衣類を脱ぎたいときなどにもサッと衣装チェンジできるので1枚は持って行くとあなたの役に立つことでしょう。

 

小麦肌なな
日本でも使えます!

 

◇レギンス&トレンカ

はやまさんさん(@kobackfashionillust)がシェアした投稿


上半身よりも少し日焼け対策の意識が弱くなる下半身。

 

レギンスやトレンカは履くだけで日焼け対策になるアイテム。

 

コーディネートを楽しんでおしゃれな着こなしをすることもできるので、日焼けをしたくないおしゃれさんはぜひ活用してみてください。

 

日焼け対策海外まとめ

海外でも日焼け対策!旅行中におすすめなグッズはこれだ!!日本より紫外線が強いってホント?

いかがだったでしょうか?

 

海外に日焼け対策のアイテムを持ち込みたい場合はスーツケースの中にしまっておくのが無難だと言えるでしょう。

 

できるだけ折りたためてコンパクトに持ち運べるものを選ぶことで快適な旅行になるはずなので、ぜひ参考にされてみてください^^

 

美白命えみ
旅行中なのでおしゃれも楽しみたいですしね!

小麦肌なな
帰ってきて日焼けがひどい!なんてことにならないように。

 

それでは、海外の日焼け対策についてでした☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です